備前焼作家・窯元紹介

橋本画廊では備前焼販売だけでなく備前焼の製造も行っております。

備前焼について

千年の伝統を持ち広く皆様に愛されてきた備前焼、その特徴や見所などをご紹介いたします。

備前焼作家 橋本和哉

橋本和哉は、『ろくろの陶秀』と異名をとる故山本陶秀(人間国宝)・雄一(岡山県無形文化財)両先生の指導を受け、精巧で確かなろくろ技術を継承しています。その為その作品の姿は美しく、飽きがきません。また備前の土味を生かした創造性豊かな造形や焼成も魅力の一つです。今備前の世界において千年の伝統を受け継ぎながら、革新に向かって自分の世界を模索・創造しています。

備前焼作家 横山朋子

横山朋子は、橋本和哉の指導の下、確かなろくろ技術を身に付けています。丁寧な作品作りは作品自体に女性らしい温もりと優しさを感じさせます。

備前焼窯元三晃庵

備前焼窯元三晃庵は、備前焼作家 橋本和哉が平成十年に備前焼の故郷 伊部において開窯した新進気鋭の窯元です。橋本和哉指導のもと精巧なろくろ技術を継承し、妥協することなく美しさや使い勝手の良さを追及した作陶を心がけています。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン